未経験者プログラマの指導が上手な人の活躍

ソフトウェア開発の仕事では、ソフトウェアを実際に開発すると共に、プログラマの人材育成もまた重要な業務である。
ソフトウェア開発の重要な原動力であるのが、開発技術者である。
しかし、実践的な開発力をもった人材は、簡単には確保することができない。
そのため、今後もソフトウェア開発会社が開発を継続していくため、人材育成は欠かせない。

しかし、人に知識を教えるという行為は、実は非常に難しいことでもある。
自身では十分に理解していることでも、他人がスムーズにその知識やスキルを身につけられるとは限らない。
プログラミング未経験者の学習速度は、熟練したプログラマにとって非常にもどかしいものがある。この問題について、未経験者にも親切で分かりやすく教えられる教育能力を持った人物に、活躍してもらうことがふさわしい。

高度なプログラミング技術を持ちつつ、かつ初心者にどのように教えれば、難しいプログラミングのテクニックを簡単に理解できるのかについて、熟知している人物がいる。
そうした人物がソフトウェアの開発現場にいれば、これまではソフトウェア開発が未経験だったプログラマも、着実に知識やスキルなどのの開発力を身につけていくことができる。人に物事を教える人が上手な人は、開発の職場で活躍場面が多い。
新人の研修や指導に、教えることがうまい人物を割り当て活躍してもらうことで、ソフトウェア開発会社の人材育成は確実なものになる。

hirai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です