現役プログラマの未経験者獲得への貢献

物事に意欲的に取り組むことができるのは、その事に対して強い興味を持っているからである。魅力を強く感じている事柄については、集中して取り組むことができ、高い能力が発揮できる。こうした特徴は、仕事にこそ役立てることができる。
仕事に対してやりがいを強く感じることができれば、仕事のスキルの習得も早い。

プログラミングの未経験者に魅力を感じてもらい、将来のプログラミング技術者への道を選んでもらうことが、情報技術開発の業界を活性化させる対策である。
そのためには、情報技術開発に関わっている、現役のプログラマたちの協力が欠かせない。彼らは、プログラミングの魅力を誰よりも多く知っている。
やりがいある魅力をプログラミングの仕事に感じているからこそ、例え難しいプロジェクトでも仕事を続ける事ができている。

なぜ彼らが仕事に対してやりがいを感じているのかをつきとめれば、プログラミングが未経験な人たちにも魅力が伝えられる。
ソフトウェア開発に従事するプログラマたちは、彼らの仕事のスケジュールがあり、業界の発展のために時間を割くということは確かに難しい。
しかし、合間を見つけて、プログラミングの面白さや魅力、やりがいを伝えられる活動に貢献することで、情報技術開発の業界の将来が開けてくる。活動を通じて触れ合った未経験者たちが、いずれプログラマの道を選んで、いつかソフトウェア開発の職場で共に開発に関わるといった巡り合わせもある。

hirai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です